自動車査定

自動車査定を賢くやって相場よりも10万円以上高い査定額を出す方法

エヴォーラ(ロータス)とは

 

エヴォーラ(ロータス)とは、ロータスのスポーツカーです。
エリーゼやヨーロッパSよりもさらに上級志向のスポーツカーを開発。
2008年7月の「英国国際モーターショー」で実車が公開されました。
この時、「エヴォーラ」という正式名称を発表。
それまでは、「イーグル」という開発コード名が使われていました。

 

 

エヴォーラは、かつて20年以上も生産されてきた、
同社の「エスプリ」の後継車種になります。
エリーザ以来の完全新設計ですが、
2ドアミッドシップ・スポーツカーの基本スタイルは踏襲されました。

 

 

 

発売開始は、2009年より欧州で。

 

 

日本でも販売されましたが、初代モデルの価格は、
・2+2シーター(892.5万円)
・2シーター(850.5万円)

 

 

特徴は、
・極端な大型化
・車体はエリーゼより一回り大きいだけ
・V6エンジン搭載
・快適装備
・車重は1t超えで1390kg

 

 

乗り心地を重視しており、内外装の高級感を向上させながら、
生粋のスポーツカーとしての雰囲気をしっかり押さえたデザインとなりました。
そのため、決して鈍重化や虚飾化を思わせないスタイルが特徴です。